退色してパサつきが気になり毛先も軽くなりすぎてスカスカだった髪が、艶カラーでオレンジ味を抑えた毛先に重みのあるボブになりました。

  • HOME
  • ブログ
  • ヘアカラー
  • 退色してパサつきが気になり毛先も軽くなりすぎてスカスカだった髪が、艶カラーでオレンジ味を抑えた毛先に重みのあるボブになりました。

ノエルの艶カラーで、退色してパサつきが気になり毛先も軽くなりすぎてスカスカだった髪が、オレンジ味を抑えた毛先に重みのあるボブになったお客様の事例をご紹介します。

会社ブログ写真10

こちらのお客様はいつも全体的にカラーがすぐに抜けて黄色くなり、パサついた感じに見えるのがお悩みとの事。

カラーでオレンジ味がでるのが苦手で、カットも毛先が軽くなりすぎてペラペラな感じも気になられていました。

今回のパサつき、すぐに黄色くなってしまう原因は、カラーの薬剤選定にミス、施術時の栄養補給不足、カットの仕方、などいくつかの要因が重なって起こっていました。

そこでノエルでは、上質なカラー剤を使用しハイライトで明るい部分を残しつつ、すぐに黄色くならないように3種類のお薬を使い分けて、オレンジ味がでないようにさせていただきました。

カットも、ペラペラの部分に厚みを持たせるようにして、動きも出せるレイヤーボブにさせていただきました。

少し長めのレイヤーボブにしたことで、乾かし方を変えるだけで簡単に毛先を外ハネ、内巻き両方することができるようになりました。

カラーも明るい部分も残しつつ、パサつきが無くなり、オレンジ味を感じないきれいな寒色系に仕上がりました。

お客様からは、

「綺麗な色ですねー!!切ってよかったです!!」

と、喜んでいただきました!